こだま国際特許商標事務所

知財を経営資源に! 千葉の弁理士

TEL.043-306-3109

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央3-13-7  コスモ千葉中央ビル401

つれづれ

小規模持続化補助金の採択

 昨年12月初旬に応募期限があった第10回小規模持続化補助金(一般型)について、昨日採択の発表がありました。 

 商標の相談をいただき、商品の開発等販売促進に必要な費用の相談を受け、その内容に基づいて適切な補助金として小規模持続化補助金を勧め、その申請書類の作成についてもお手伝いさせていただきました案件があり、その発表を確認しましたところ、

 何とか無事採択されていました!!

 採択率が60%程度と比較的高い補助金ですが、採択されてほっと一安心です。

 小規模持続化補助金は、商工会議所地区と商工会地区とで管轄が異なるため、HPを間違えてみていると「ないぞ。落ちたか~」と思ってしまうので、きちんとどちらの地区で出したのかは確認してかないとですね。

商工会議所HPの採択者一覧
商工会HPの採択者一覧

 弊所では、商標や特許の出願等の相談は当然ですが、これを製品化して世の中に出していくために必要な助成金の紹介、その申請書作成支援、更にはビジコンやその発表アドバイス、販促コーディネータ等への紹介等ができますよ、というアピールでした。

 

市原青年経済人交流会(定例会)

 今日は、夜に、市原市産業支援センターで、市原商工会議所の青年経済人交流会での定例会がありました。昼間は打ち合わせや仕事が多いため、夜に開催いただけるので大変助かります。

 青年経済人交流会は、市原商工会議所内の一組織で、市原市内の若手の経営者の集まりで、このような定例会を月一回企画、運営しています。私はこの会の理事として設立当初から参加させていただいています。あまり役には立てていませんが。

 市原市役所地方創生部地方創生課の職員の方に、「市原市の歴史」と「グランピング施設」について説明いただきました。

 市原市は、複数の町が合併して形成された県内最大面積の市であることや60周年を迎えることなどご説明いただきました。

 また、高滝のグランピング施設についても説明いただきました。高滝は圏央道ができて非常にアクセスがしやすくなった場所であり、その場所の利活用ということで、地方創生の戦略的な地域としての施策の一つということでした。

会場での様子

 市原に住んでいるのですが、結構市原で知らないことは多く、勉強になります。

 もちろん、今日は千葉と柏でそれぞれお客様との打合せや案件処理などの仕事をした後です。仕事はしてますよ。。。

いちミラビジコン

今日は、日曜日でしたが、アリオ市原の近くの「夢ホール」で、市原市のビジネスコンテストの観戦&交流会に参加してきました。

 審査員は市長、商工会議所会頭等錚々たるメンバー。

会場写真

 ファイナリスト7者がそれぞれ25~30分ほどでプレゼン&質疑応答を行いました。

 市原市の産業支援センターの専門家としての観戦ですが、ビジネスコンペの純粋な観戦というのは新鮮で、プレゼンのメモに集中できて勉強になりました。ので、今日はこのお話を。

 ビジネスコンペで発表する場合の内容パターンは、細かな違いはあれども、おおむね下記の通り。

0.タイトル&事業一言キーワード
1.自己紹介
2.導入&現在の課題
3.自社の強み
4.事業のターゲット
5.事業の具体的内容
6.競合との対比
6.展開orSTEP
7.収支計画
8.まとめ

 ビジコンに応募される方は、上記を基本にプレゼンを組み立てるとよいです。いわれてみると当たり前なのですが、なかなかここまではっきり書いているところはないのではないでしょうかね?

 細かな内容については別の日に説明しますね。

ポイントアプリ(ANA Pocket)

 1日1万歩を歩くと決めてから1か月。

 健康が目的ですが、歩くだけではつまらないので、モチベーション(やる気)を上げるためにインセンティブ(報奨)をつけることにしました(笑)。

 いくつか探してみたところ、良さそうなのがANAが出しているANA Pocketというアプリ。入れて1か月ほど立ちます。

ANA Pocket

 私は飛行機を使うときANAが多いですので、ANAのマイレージと連動させることができ、ANAマイルをためることができるこのアプリを入れてみました。

 このアプリは歩きだけでなく、車で移動することでもポイントがたまるので、仕事中にもポイントがたまるという優れもの。

 効率については、半年後位にまとめてみようかと思いますので、少しお待ちください。

セミナー告知(2023/2/15)

 市原市産業支援センターで、商標に関してミニセミナーを開催することになりました。

 開催日時は2023年2月15日(水)14:00~

 場所は「サンプラザ市原」

 タイトルは「店名・商品名と商標」

 近年のインターネットの発達で顕在化する商標の問題や活用例などについてセミナーを60分ほど開催します。

 基本的にブログによる周知活動というよりは、備忘録に近い状態ですが、お時間のある方はご参加いただけると嬉しいです。

1日1万歩

 今年に入っての目標の一つを、1日1万歩としました。

 何とか1か月続いたので、ブログに書いてみました。

 今月で46万歩。

Google Fit 1月分

仕事に差し支えのない範囲で。。。

叙勲祝賀会

 今日は、同じ弁理士会派の先輩が勲章をいただいたので、目黒雅叙園で開催された祝賀会に参加いたしました。

 毎年のことではありますが、会派の新年会、幹事の交代のご挨拶会も兼ねており、今年の幹事さんとあいさつさせていただ来ました。

 私が幹事長を務めたのが一昨年で、昨年は顧問として残らせていただいたのですが今年は幹事会からの役が外れるため、久しぶりに会派の仕事が減り少し寂しい感じではあります。

 思えば、幹事1年、副幹事長2年、幹事長1年、顧問(相談役)1年、と、連続して5年間幹事会にお世話になりました。今後も相談役としての役をいただいておりますが、力不足なところはありますが、役に立てればと思っています。

目黒雅叙園
旭日双光章

 めったに見られない勲章をパシャリさせていただきました。授賞理由は、当然ながら、弁理士業務功労とのことです。

少し考える

 駅で電車を待っていたら下記のポスターが。

 ホームでの転落に注意してほしい旨。確かに注意が必要ですね。

 そうなんです。そうなんですが、ここで少し気になってしまう表記が。

 ホームにおける人身事故の「半数は酔ったお客様」ということです。

 ということは、事故の半数は「酔っていないお客様」なんですよね。

 ふと考えてしまったのは「酔っていない客も同じ数(半数)なら、酔っているか否かは関係ないのでは?」と思ってしまったところです。

 で、このポスターが言いたいことに補足したいな、と思ったので。。

 要は、「乗客が酔っている客数」と「酔っていない客数」の総数の違い、ということでしょうか。つまり、酔っていない客が圧倒的に多く、酔っている客が圧倒的に少ない場合、確かに結果は半数ですが、酔っていると事故を起こす確率が大きくなりますよ、ということですね。図にするとこういうことですかね?

どうでもいい図

 せっかく考えたので、ペタリ。

 おそらくポスターを作ったかたもこんな考え方だったと思うのですが、「こんなこと書いても理屈っぽくなって難しくなるだけ!見てくれないよ!!もっと簡単に書いてよ!」との指摘があり、このようになったのかと推測。

 

発明相談(香取)

 今日は今年初めての香取市商工会議所での発明相談。

 少し早めについたので、小見川駅まで散歩して写真を撮ってみました。

 香取のあたりは、私の出身の埼玉の川越等と同様、小江戸と呼ばれる地域。古い町並みが確かに似ているんですよね。

小見川駅

市原市創業支援センタ

 昨年まで市原市商工会議所内で発明相談を行っていましたが、今月から「サンプラザ市原」の市原市創業支援センタに移りました。12階の最上階です。

 それと同じくして「市原市創業支援センタ」の専門家として相談にのらせていただくことになりました。

 市原市創業支援センタは、市原商工会議所が運営する起業ワンストップ支援機関となります。

 毎月第3水曜日に常駐しておりますので、ご相談いただけると大変うれしいです。ただ、相談はインターネットによる事前予約制とのことですので、予約される場合はHPにてご入力いただくか、事務所までご連絡ください!!

 市原市創業支援センターHP:https://i-cci.or.jp/1sapo/

 

センター入り口をパシャリ

 私は市原商工会議所内の市原青年経済人交流会の役員をやっており、定例会で結構サンプラザ市原を利用しており、以前12階はレストランだったはずで、いつの間にかセンターになっていたことに気づかず、ちょっと驚いています。